×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生活と健康記事一覧

元気のもととも言える亜鉛は、DNAやタンパク質の産出に関係しているいろいろな酵素とか、細胞・組織の再生に重要な酵素を筆頭に、約200種類以上ある酵素を組成する物質として欠かせないミネラルなのです。HMSの報告によれば、習慣的に2カップ以上カフェインレスコーヒーを飲んだ人は、なんと直腸がんの発生率を約半分も和らげられるということが明らかになった。いわゆるメタボとははっきりと言われていなくても、内臓脂...

心臓が本来の周期を外れて早く収縮する不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、何か病気を患っていなくても症状が出ることがあるため、一刻を争うトラブルとはいえませんが、短い期間で発作が継続して多発する時はのんきに構えていられません。自動体外式除細動器(AED)というものは、医者ではない方であろうと取り扱うことのできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの手順に応じて処置することで、心室細動になった心...

いわゆる「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「除外すべき」と敬遠しがちですが、本当は、人類は日々ストレスを感知するからこそ、生き続けることが出来ているのです。食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)は、グラム染色では青く染まるグラム陽性球菌で、毒素がかなりきつい黄色ブドウ球菌(staph...

子どもの耳管の特性は、大人の耳管と違って太くて長くもなくて、そのうえ水平形態なので、バイ菌が進入することを防ぐのが難しいのです。大人より児童の方がたびたび急性中耳炎を発症するのは、この構造が関わっています。成人の一日所要量が12mgとされる亜鉛は、DNAやタンパク質の生成に欠かせない多様な酵素とか、細胞や組織などの活動になくてはならない酵素等、約200種類以上ある酵素をつくる物質として非常に重要な...

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番症例の多い中耳炎のことで、割りかし子供によくみられる病気です。耳痛、難聴、耳閉感や38度以上の高熱、鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)等、たくさんの症状が現れます。幼子が受けることの多い予防接種の不活化ポリオワクチンは、お馴染みだった生ワクチンに代わって、平成24年9月より実際にお金のかからない定期接種となるため、病院などの医療機関で...

常識で考えると骨折にはならない程度のなんてことない荷重でも、骨のある決まったポイントだけに続けて荷重がかかることにより、骨折することがあるので気を付けなければいけません。元気溌剌、暴飲暴食の抑止、程よい運動やスポーツなど、随分と昔より言われている体に対しての注意が老化対策にも有用といえます。食道下部の噴門障害とも言われる逆流性食道炎は、1週間くらいきっちり処方薬を飲めば、一般的に9割近くの患者さん...

通行中の交通事故や高い場所からの転落等、かなり大きな力がかかった場合は、2か所以上で骨折がもたらされたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて内臓が損傷してしまう症例もよくあります。男性だけにある前立腺という生殖器はその営みや成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても大きく関与していますが、前立腺に発症してしまったガンも同様に、アンドロゲンのために増殖してしまうのです。結核への対策は...

患者数が増加しているうつ病では、脳の中にある精神をリラックスさせる神経伝達物質であるセロトニンが減衰した結果、気分の落ち込み、不眠、重い疲労感、食欲低下、体重減少などの身体の症状や様々な焦り、無気力、意欲低下、強い希死念慮と自殺企図などの耐え難い症状が現れるのです。比較的化学療法が有効な卵巣ガンは、普通なら人体を癌をガードする仕事を果たす物質を産出するための型みたいな、遺伝子の変異がきっかけとなり...

感染リスクを軽減させることが可能な季節性インフルエンザワクチンでは、従来からのリサーチによって、予防の効能が見通せるのは、注射した日のおよそ二週間後から5〜6ヶ月くらいではないかという結果があります。おしなべてストレスが溜まっていく原理や、手軽で効果的なストレス対策等、ストレスにまつわる細かい知識の持ち主は、さほど多くはありません。植物が持つ化学成分であるフィトケミカルの一種であるスルフォラファン...